よむよむ★ハングル ㅆ ㅖ ㅒ ㅖㅃ ㅉ ㄸ ㄲ
   ●世界で1番新しい文字●ㅂ ㅈ ㄷ ㄱ ㅅㅛ ㅕ ㅑ ㅐ ㅔ ㅁㄴ ㅇ ㄹ ㅎ ㅗ ㅓ ㅏ ㅣ
  >> ホーム
  >> RSS1.0
 

カテゴリー

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

アーカイブ

メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 ハングルという文字、そして韓国語なのか、朝鮮語なのか
ハングルという文字で表記されるこの言語は、「韓国語」「朝鮮語」そしてときには「ハングル語」と呼ばれています。ユーラシア大陸と日本列島が、一番近づいている場所に位置する半島に住む民族が使っている言葉です。



現在その半島には、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)と大韓民国(韓国)の2か国が存在することは日本人なら誰でもご存じだと思います。そしてこの本国以外にも、アメリカ、ロシア、中国や日本に住む「在外同胞」の一部にもこの言語を母語とする人々がいます。

そして今の日本語でこの民族や言語のことを表現しようとすると、少しばかり(大いにかも)問題が出てきてしまうのです。南北の朝鮮が朝鮮戦争(1950~53年)を経て、「分断国家」になったことが根本的な原因です。世界では、もはや前世紀の遺物となってしまった、「冷戦構造」を今だに引きずりながら対立する「分断国家」は世界中どこを見ても存在しません。

それは日本人にとっても不幸なこと(というか厄介なこと)になります。中立的な立場でいようと思う日本人は多いと思いますが、非常によく似た言語である朝鮮語と日本語は、中国文化圏の文字として共通する漢字を用いる(用いてきた)ということが、この場合はマイナスに作用しているのです。

まず「朝鮮・韓国」の呼び方を日本語の問題として以下の4つを考えてみると、、、
1 半島
2 民族
3 言語
4 南北の国家の通称

正しい日本語でどう表現すればいいのかというと、次のようにするのがもっとも一般的な表記と読みだと思います。
日本での表記と読み
 1 朝鮮半島(ちょうせんはんとう)
 2 朝鮮民族(ちょうせんみんぞく)
 3 朝鮮語(ちょうせんご)
 4 韓国(かんこく)・北朝鮮(きたちょうせん)

「韓国」「北朝鮮」を辞書や日本の百科事典で調べてれば、上記の言い方で説明しているのが一般的なのですが、南北朝鮮では表記と読みがまったく異なるわけです。
韓国での表記と読み
 1 韓半島(ハンバンド/한반도)
 2 韓民族(ハンミンジョク/한민족)
 3 韓国語(ハングゴ/한국어)
 4 韓国(ハングク/한국)・北韓(プッカン/북한)
北朝鮮での表記と読み
 1 朝鮮半島(チョソンバンド/한반도)
 2 朝鮮民族(チョソンミンジョク/조선 민족)
 3 朝鮮語(チョソノ/조선어)
 4 南朝鮮(ナムチョソン/남조선)・共和国(コンファグ/공화국)

他国の名称やその言語を、日本語でどう表記(読み)するかは、基本的には日本語の問題、いわば日本国内の問題です。朝鮮半島の南北で自国をどう言い表しているにかかわらず、たとえば英語では英語圏の取り決めがあり、「Korea(韓国も北朝鮮も)」や「Korean(韓民族も朝鮮民族も、韓国語も朝鮮語も)」と表記しているので、日本では日本式の表記をするのが(少なくとも論理的には)自然なことなのです。

ところが近代以降の日本と「朝鮮半島」との不幸な関わりが顔をのぞかせて、言語上のシンプルな論理だけではスムーズにいかないところがあり、ハングルや韓国語(韓国コスメや韓流スターでもいいですが)に関心をもち、興味を深めようとしている日本人にとっていわば不幸(不都合)な現象を引き起こす場面に遭遇することがしばしばあるのです。

ある程度の予備知識と意識がある方が、ハングルに対してニューラルにアプローチできると思います。僕は歴史や政治的な問題に関して、特定の立場に立ってこの記事を書いているわけではありません。ですがこうした不都合な現象を踏まえた上でハングルや韓国語(韓国コスメや韓流スターでもいいですが)に取り組んでいきたいと思っています。

NHKで放映されているこの言語の語学講座の正式名称は『アンニョンハシムニカ?ハングル講座』です。他の語学講座は例外なく『中国語会話』『ロシア語会話』『スペイン語会話』『イタリア語会話』など、『○○○語会話』となっているにもかかわらず『ハングル講座』という番組名にしたのは、「朝鮮語」「韓国語」という呼び方すると、不偏不党を旨とする公共放送が、南北朝鮮のどちらかの言語の呼び名を使うわけにはいかないという理由からだと容易に推測(あくまで推測)できますね。

ちなみに「ハングル語」というのは日本語のことを「ひらがな語」、英語のことを「アルファベット語」と呼ぶのと同じで、意味としてはおかしいことになります。

テーマ:韓国語 - ジャンル:趣味・実用

言語学的アプローチ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2006/03/10(金) 21:40)

<<ピアノを弾く大統領 | ホーム | 韓国語(朝鮮語)とは?>>

コメント
  コメントありがとうございます^_^
アメリカ人がアルファベットを自分流にしか読まないのは、日本における外来語や和製英語に似てますね(^^)
語頭の「n」が変化したのは「n」の音って、語頭で発音しづらいのかな?英語でknock(ノック)なんてわざわざ無声音の「K」を付けてるし…
URL | tam_tam(管理人) #- | 2006/03/23(木) 22:30 [ 編集 ]

  相手国の読みを尊重する
アメリカ人というのは失礼な民族で、アルファベットを自分流にしか読みません。フランス語では語尾の子音を発音しないのに、勝手に首都を「パリス」と呼びます。ハンブルクはハンバーグだし、ペテルスブルクはピータースバーグだし、果ては「自分たちはメヒコ人だ」というのに「メキシコ」と呼びます。ところで「ジャパン」の語源は「ニッポン」です。日本海を渡った段階で「イルボン」に変化し、語頭は西に向かうにつれ「n」(ニッポン)から「i」「y」「j」と変化し、スペインでは「h」(ハポネ)まで到達しています。
URL | ごんのすけ #- | 2006/03/23(木) 11:53 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://hangleyomuyomu.blog39.fc2.com/tb.php/28-87ec7cea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 よむよむ★ハングル ㅆ ㅖ ㅒ ㅖㅃ ㅉ ㄸ ㄲ all rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。